新型ノア 値引きの限界に迫る!

 

新型,ノア,値引き

2014年1月に発売された新型「ノア」
2001年の初代が登場してから3代目になりますが、
現在のミニバン市場の中でも、
姉妹車のヴォクシーに次ぐ人気車です。

 

 

多走行車からの買い替えで「ノア」を狙っているのなら、
巧みな交渉術で、出来る限り限界まで値引きを引き出せるようにしたいところですよね。

 

 

ノアは現在売れ行きが絶好調なので、ディーラーは結構強気な販売作戦を提示してきます。
ですが、そこで諦めるのは、ちょっと早計。

 

 

ライバル車を持ちだしたり、経営の異なる販売店で見積りをしたりと、限界値引きへの挑戦はするだけ無料!
しかも、効果はかなり期待できますよ。

 

 

具体的には、現在売れている2000ccエンジンの背の高いミニバンとして
競合させるとなると、姉妹車である「ヴォクシー」との比較がベスト!

 

 

ヴォクシーは、ネッツ店。
ノアは、カローラ店で販売されてますが、
それぞれで、見積りをとる他、
地域によっては、経営資本が異なる販売店が存在するので、
そうなると、同じカローラ店同士でも、見積りを出して比べることが可能になるのです。
もし、お住まいの地域に、経営資本の異なる販売店がない場合、越境して隣の県にいくという手段もありますよ。

 

 

2014年12月の「ノア」の平均的な値引き価格は、装備品込みで22万円程度。
車体本体のみの値引きでいうと、20万円を目標として交渉してみましょう。
とはいえ、交渉次第では、更なる値引きも可能性はあります。

 

 

ぜひ、妥協することなくチャレンジしてくださいね(^.^)

 

 

また、特に多走行車からの乗り換えでは、
ほとんどディーラーでの下取り額は期待できないと思います。
こちらの記事に、ネットで出来る買取専門業者の査定についてご案内してますので、ご参照くださいね。
新車の購入では、値引きの他に、いかに下取り額(買取額)を高くするかが、キモになってきます。
できるだけ、安く新車を購入するためにも、
下取り先も吟味するようにしてくださいね。