査定を受ける方法を選ぶ!

中古車の査定を方法は主に2つあります。

 

1つは、ディーラーの下請けを利用する方法です。
そして、もう一つは買取業者に依頼をする方法です。
どちらであっても、それぞれの業者内の規定に則って、いくらであれば買取っても良いかを判断するのです。
業者もビジネスですから、買取価格に上乗せして販売することになります。
そのため、販売できるかどうか、利益を上げられそうかどうかを見極めなければなりません。

 

中古車の状態はそれぞれまちまちで、この価格が妥当だと判断するのは非常に難しいものがあります。
ですが、それでは買取価格を決めることができませんから、それぞれの業者のモノサシで一応値段を決めるのです。
そのため、業者によって買取価格は違ってきて当然です。

 

一般的に、ディーラーに下取りしてもらうより、買取り業者に買取ってもらったほうが高値が付くことが多いため多くの方が買取業者を利用しています。
それは、ディーラーの場合、新車の販売が主であるため、中古の販売が難しいことに原因があります。
販売ターゲットが狭く、長く在庫を抱えることもリスクになるため、下取りの場合価格が低くなってしまう傾向があります。
その点、買取業者の場合、それぞれの業者によって違うものの、販路がいくつもあるため高めの査定を出しても利益を出すことができるのです。
そのため、下取りよりも買取業者に売却するほうが有利になることが多いのです。

 

これから車を売却する予定なら、まず買取業者に依頼することをおすすめします。

査定を受ける方法【お得に中古車を売るって?】関連ページ

一括車査定サイトを使うポイント
自宅にいながら、車の査定が出来るので便利に使っている人も多い、一括車査定サイトですが、出来るだけ上手に使いこなしたいですね。