タイミングベルト交換?10万キロ多走行車に乗り続ける?

 

10万キロ近く走行していると、

10万キロ,タイミングベルト交換

 

このまま乗り潰すまで今のクルマに乗り続けるか?
新車へ買い替えしようか?

 

という選択が出てくると思います。

 

 

 

資金的なことを考えると、
そのまま車の寿命が車で乗り続けるのが一番ですが、

 

それには、メンテナンス費用、消耗してくる部品の交換費用と
維持していくためのお金は、やはりかかってきます。

 

 

 

10万キロ位、走行して交換する部品というと、
まず、タイミングベルトの交換が考えられます。

 

タイミングベルトは目安として10万キロで交換と言われてますが、
劣化しやすいパーツでもあるので、10万キロ前に交換したほうがいいでしょう。

 

これは、タイミングベルトに限ったことではありませんが、
部品やオイルも、車の取扱説明書に記載されている時期、

 

年数やキロ数に応じた目安の時期より、
少し早めに交換していったほうがトータルで見ると得すると思います。

 

部品同士の関連性から、一つが故障をすると、
別の部品まで故障をしてしまう可能性が大きいので、
部品以外の余計なお金がかかってしまうからです。

 

 

タイミングベルトの交換費用は、
車種によっても、違いますが工賃を含めると数万円以上はします。

 

 

また、タイミングベルトを交換しなければいけないタイミングということは、
他の部品も交換が必要になっているはずです。

 

そうすると交換費用だけでも、結構かかってきますよね。

 

 

 

更には、
故障が多くなってきていたり、車検時期が近いようなら
いっそ、買い替えてしまうのもいいかもしれません。

 

最近のクルマのほうが、燃費や安全性能が優れているのは確実ですし。。。

 

 

こちらの一括査定を使うと、クルマの情報を入力するだけで
すぐに、概算の買い取り価格が表示されます。

 

最近は、円安の影響で海外への中古車輸出が盛んなので、
多走行車の査定額が上向きなんですよ^^

 

 

⇒かんたん車査定ガイド 公式サイト  http://a-satei.com

 

 

10万キロ位の走行距離で交換しておきたいパーツ

 

  • タイミングベルト
  • フューエルフィルタ・ポンプ
  • ウォーターポンプ
  • ラジエータホース
  • ラジエータキャップ
  • サーモスタット
  • プラグコード
  • ダイナモ
  • ディスクローター
  • ブレーキキャリパー
  • ショックアブソーバー

 

 

 

⇒8万キロ、10万キロ多走行車を激高で売る